文武学校

文武学校
  • 文武学校

近代的な学校の先駆け

 文武を奨励した松代藩八代藩主・幸貫が水戸の弘道館にならって計画し、九代・幸教の時代に完成した松代藩の藩校です。藩士の子弟が学問と武道を学ぶ場として、1855(安政2)年に開校しました。
 教室にあたる文学所、武術を学ぶ剣術所、柔術所、弓術所、槍術所などが配置されています。
 当時の時間割には東洋・西洋の医学、小笠原流礼法、西洋の軍学なども組み込まれており、先進的な教育が行われていました。各地の藩校の多くが幕府の学問所にならって敷地内に孔子廟を設け、儒教を重んじる風習がありましたが、文武学校には設けていないことからも、近代的な学校の先駆けであったことがうかがえます。
 建物は、創建時の姿を現在に伝る貴重な遺構で、1953(昭和28)年に国の史跡に指定されています。
 武道の稽古や大会に使われている剣術所・槍術所をはじめ、江戸時代の面影をそのままに質実な空気漂う敷地内は、映画や時代劇のロケにもしばしば利用されています。

 2013(平成25)年7月から、地震や豪雨による被害が確認される建物の保存修理を実施いたします。工事期間中はご見学・ご使用いただけない箇所もありますが、ご理解ご協力くださいますようお願いいたします。

ご利用ガイド

所在地 〒381-1231 長野県長野市松代町松代205-1
お問い合せ 026−278−6152
開館時間 9:00~17:00 (入場16:30まで)
休館日 原則無休
入場料 【平成28年真田宝物館特別企画展期間中】
 一般200円、小・中学生80円
※真田宝物館・真田邸との共通券:
 一般800円、小・中学生300円
※真田邸との共通券(真田宝物館休館日発売):
 一般400円、小・中学生160円
(それぞれ団体料金割引あり)
・毎週土曜日と5月5日は小・中学生無料
・9月第3月曜日と11月3日は全て無料
・障がい者手帳などをご提示いただいた方と介護者
 の方1名は入場無料
公共
アクセス
バス:長野駅から松代行き30分、松代駅下車徒歩7分
自動車
アクセス
長野I.Cから10分
駐車場 真田宝物館駐車場:乗用車約70台
市営駐車場(文武学校まで徒歩6分)
大型バス7台・乗用車23台程度
バリアフリー ・障がい者手帳などをご提示いただいた方と介護者
 の方1名は入場料無料

展示資料一覧

展示解説シート(PDF)がダウンロードしていただけます。

    現在登録されている展示解説シートはありません